東京都 世田谷区 尾山台 歯科 小児歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニング 口腔外科 歯医者 入れ歯。

tel:03-3703-8809診療:9:30~19:00 休診日:木日祝

訪問口腔ケア健診

 歯科医院に通院が困難な方のために、訪問口腔ケア健診を行っています。健診では、お口の状態を確認し、必要に応じて改善に向けたアドバイスを致します。口腔内を清潔・健康に保つことは、虫歯や歯周病を予防するだけでなく、全身の健康を守るためにとても大切です。
 「初めての訪問歯科は敷居が高い」とか、「どんな先生が来るの?」・「どんな機械を持ってくるの?」など口腔ケアが大切な事・おいしく食べてもらいたいことは分かっているのだけれど、多くの不安や心配も耳にします。まずは、体験訪問歯科くらいにお気軽にお考え下さい。
 1年に1度の健診を継続することで、ご本人の状態変化がわかり、適切な治療やケア・リハビリを受けられることにもつながります。
 また、当院では、ご本人のケアだけでなく、ご家族の心配や不安などにも親身になってご相談にのっています。


対象者

 

1

介護保険要介護認定1~5に該当する方

 
 

2

身体障害者手帳1級・2級に該当する方

 
 

3

愛の手帳1度・2度に該当する方

 
 

4

その他上記に準じる方

 
 
 

1

当医院よりご自宅までの距離が、16キロメートル以内の方

 

費 用

訪問口腔ケア健診の申込み方法

     
 
〇FAXでのお申し込み
下記より「訪問口腔ケア健診票 送付依頼書(PDF)」をダウンロードして下さい。
必要事項を記入し、世田谷保健所 健康推進課宛にFAXして下さい。

 
 
 
 

〇電話でのお申し込み
世田谷保健所 健康推進課宛に電話連絡のうえお申し込み下さい。

 
 

1

健診票の送付を世田谷保健所健康推進課に依頼する。上の送付依頼書(PDF)をご利用ください。  

2

世田谷区から「訪問口腔ケア健診票」が送付されてきます。  

3

健診票が届いたら、歯科医院に訪問健診を依頼してください。  

4

歯科医師が対象者のお宅まで訪問し、健診します。  

5

健診後に歯科医師が健診票に結果を記載し、必要に応じて相談・改善指導をいたします。  

 
 

 
 
〇直接医院にお電話ください。

 
 

1

伊東歯科医院にお電話ください。  

2

日程などを調整し訪問日をご相談の上決定します。  

3

歯科医師が対象者のお宅まで訪問し、健診します。。  

4

健診後に歯科医師が健診票に結果を記載し、必要に応じて相談・改善指導をいたします。  
   
 
     

お問い合わせ

口腔ケアの目的

『口腔ケア』の目的には2つあります。

1

口腔中を清潔にすることで、感染症の予防をすること

 

2

口腔内の機能維持・向上を図ることで、老化・認知症の予防ができ、全身的な健康維持などQOL(生活の質)を高めること

 

 抵抗力や体力が落ちている高齢者にとって、お口の中の細菌は大敵です。口腔内の細菌が誤嚥性肺炎の原因となるばかりではなく、心臓病や糖尿病などの疾患を引き起こすこともわかってきています。口腔ケアを継続することによって、様々な病気を予防できるかもしれません。
 また、ご自分の歯で食べられることは、身体と心が健康であるためにはとても大切なことです。おいしく食べることができ、ご家族・友人と楽しく会話ができれば、毎日充実した生活を送ることができます。日々、生きがいや喜びを感じるだけでなく、介護をする側の負担を軽減させることもできます。
 あなたの大切な人が「その人らしい」健康で豊かな生活を送ることができるよう、お手伝いさせていただきます。

訪問口腔ケアの内容

歯科医師が訪問して口腔ケアの健診、指導を行います。基本的な内容は以下の通りです。

 
  • 全身状態やお口の状況を診て、適切な口腔ケアのアドバイス
  • 口腔機能の維持や回復のための指導やケア
  • フッ化物洗口など、予防のための薬剤の紹介や正しい使い方の指導
  • 日常的に清掃することができない部位を、専門的な技術でケア
  • 食介護のための支援
  • 口腔内機能の維持や回復を目的とした口腔ケア
 

口腔ケアによる効果

 口腔内が食べ残しや細菌で覆われて不衛生な状態では、唾液が出にくくなり、口の中が乾燥します。口腔ケアで清潔にすると、唾液が少しずつ出てくるようになります。また、ケアの際に歯ブラシなどで「唾液腺」を刺激すると働きが活発になり、唾液の量が増えます。唾液は色々な役割をしてくれます。例えば、細菌の繁殖を抑えたり、歯や口の粘膜を保護したり、虫歯を予防したりする働きをしてくれます。

 口腔内の清潔が十分に保たれていないと、口腔内で肺炎の原因となる細菌が多く繁殖してしまいます。特に高齢者の方は、食べ物を飲み込む機能が低下し、食べ物や唾液が気管に入ってしまうことがあります。その際、誤って口腔内の細菌が肺に入って発症するのが「誤嚥性肺炎」です。高齢者においては、死因の上位にありますので、しっかり予防することが大切です。

 最近の研究では、口腔ケアには、インフルエンザの発症を抑える効果や発熱のリスクを減少させる効果があると言われています。手洗い・うがいだけでなく、口腔ケアでお口の中も清潔にしておくと、感染症や発熱の予防にもなります。

 よく咬むことで、脳への血流が増えて脳が活性化し、認知症の予防につながると言われています。また、高齢者で「残っている歯の数が20本以上ある人」と「歯がなく入れ歯未使用の人」を比べると、認知症のリスクが1.9倍も高いという研究結果も出ています。歯を大切にし、正しくよく咬むことが認知症の発症を予防したり、進行を遅らせたりすることができます。

 歯周病の人は、心臓病を伴うリスクが高いと報告されています。これは、歯周病によって歯ぐきから出血などがおきて粘膜が傷つけられ、歯周病菌が血中に侵入することで動脈硬化を引き起こすからです。また、歯周病の症状が進むと、心筋梗塞や狭心症が起こることもあります。

 歯周病になると血糖値を下げるインスリンの働きが妨げられ、血糖値が高くなります。その結果、糖尿病が悪化してしまいます。糖尿病は、心臓病、腎臓病、脳卒中、失明などの合併症を引き起こしてしまいます。また、糖尿病で高血糖状態が続くと、体の中の防御反応が低下し、感染症にかかりやすくなるといわれています。

学会・研修会等 レポート

執筆・取材実績


伊東歯科医院
〒158-0086
東京都世田谷区尾山台3-34-8
金子ビル2階
TEL:03-3703-8809
休診日/木・日・祝

↑ PAGE TOP