東京都 世田谷区 尾山台 歯科 小児歯科 矯正歯科 訪問診療 咬み合わせ インプラント ホワイトニング 口腔外科 歯医者 入れ歯。

tel:03-3703-8809診療:9:30~19:00 休診日:木日祝

小児歯科


治療後のお子様の表情

kodomo002.jpg
kodomo003.jpg
歯を抜いてもこんなにニコニコ
今日も上手に治療出来ました
kodomo001.jpg
初めて一人で治療できたごほうびに、風船をもらったよ。


小児歯科治療に対する考え方

『お子様が一生自分の歯を使うために、今何をすべきかを、みんなで考えてあげること』が小児歯科の基本と考えています。

お子さまが、一生自分の歯で咬んでいけることが我々の願いです。そのためには、きちんとした予防、早期治療と定期検診が絶対に必要です。

その為に、緊急性のある場合以外は抑えつけての治療は行ないません。なぜなら、抑えつけられての治療の経験はその子のトラウマとなって一生残ります。強いトラウマを持った子は、成長してもなかなか治療を受けられないことが多く、歯科治療恐怖症なる病名がつくくらいに、大人でも深刻な方が多数おいでになります。そして、治療の時期が遅れたと気づいたときには、お口の中が悲惨な状態になっていることも多く見ます。ましてや、なんでもないのに、定期検診に来ようなどとは到底考えてもらえません。

したがいまして、お子さまが、自らの意志で口を開け、治療を乗り越えていこうという気持ちを育てることが大切だと考えています。


歯の外傷について

~外傷~ 「慌てない・放置しない・速やかな歯科医院受診・治療後の長期観察」

転んだり、ぶつかったりして、歯を強くぶつけると様々な外傷を起こします。特に小児期における歯の外傷は、身体の他の部位よりも発生頻度が高く、その多くは日常生活の中で発生しています。受傷時は、口の中からの出血や歯の変形などにより、子供も保護者も動揺しがちですが、適切な応急処置と治療が必要となります。症状が軽い場合でも、しばらくしてから症状が出ることもありますので、速やかに歯科医院を受診することをおすすめします。また、子供の歯は未完成で成長過程のため、歯自体に影響を及ぼしたり、乳歯の場合は後から生えてくる永久歯に影響を与えたりすることがあります。したがって、治療後も受傷した歯の状態と次の永久歯の生え方を長期観察することが大切です。

①歯が欠けた、折れた(歯の破折)

歯の外傷で多いのが、歯の口の中に出ている部分(歯冠)が欠けたり折れたりした状態です。大きく欠けたり折れたりした場合、歯の中の歯髄が露出してしまいます。
※使用できる場合がありますので、破片(欠けた部分)を持参のうえ、できるだけ早期に歯科医院を受診してください。

②歯が抜けてしまった(脱落)

歯が完全に抜け落ちてしまった状態です。
※歯を植え戻すことが可能な場合があります。抜けた歯を生理食塩水、牛乳、専用保存液などに浸し乾燥させないようにして、できるだけ早期に歯科医院を受診してください。その場合、特に歯の根の部分をあまり触らずに、歯の根に付いている組織(歯根膜)を傷つけないようにしてください。

③歯がぐらぐらしている(動揺、歯根の破折、脱臼)

歯が大きくぐらついている状態です。歯ぐきに傷ができていることが多く、歯茎の中で根が折れている場合もあります。
※歯には触らず、揺れている歯を動かさないようにして早期に歯科医院を受診してください。

④歯が歯ぐきにめり込んだ(埋入・骨折)

強い衝撃を受け、歯が歯ぐきの中にめりこんでいる状態です。歯の周りの骨が折れている場合もあります。
※状態がよければ再度、元の位置に戻せる場合もありますので早期に歯科医院を受診してください。

⑤歯の色が変わってきた(変色)

歯を強打した場合、歯の神経(歯髄)が死んでしまい、しばらくしてから歯が変色してくることがあります。 ※そのまま放置しておくと根の先に「病巣」ができることがあります。乳歯の場合、その後の永久歯に影響を及ぼすおそれもありますので必ず歯科医院を受診してください。

~症例~

〇8歳 男児

外傷により、右上前歯が完全に抜け落ちてしまっていました。すぐに歯を戻して固定し、6週間後には完全に生着して神経もつながった状態です。 外傷や歯の脱臼は、とにかく早く処置することが大切です。また、抜け落ちた場合は牛乳につけるなどして歯を乾燥させないことが重要です。

~外傷予防~

歯の外傷の三大原因「転倒・衝突・転落」
〇乳幼児期~
小さなお子様がいるご家庭では、子供の目線に立って家具の配置などに気を付けましょう。また、転んだり、打ったりしないよう、お子様から目を離さないように注意して下さい。
〇学童期~
危険な場所を把握させ、衝突事故などが起こらないよう、マナーやルールを守る教育が必要です。また、とっさの危険に対応できるように、日頃から反射神経や身体能力を高めておくことも重要です。
スポーツの最中にお口の中や歯をケガすることが多くみられますが、その予防のために「マウスガード」の装着が好ましいです。



子供が笑って治療室に入る、その理由は?


なにより、歯科医院が怖いところであってはなりません。

子供が治療を怖がらず笑って治療室に入り、自分から進んで治療を受け、そして元気に手をふって笑って帰る。まるでウソの様な話ですが、開業以来、全ての子供たちが、期間の差こそあれ以下の方法でこのように出来るようになっています。出来るようになれば、治療中に子供が眠ってしまうなんて光景は、頻繁に目にするところです。

■ 1つ目の理由は、言葉です。

歯科医院が怖いところ、痛いところとのマイナスイメージを持つ言葉を、家庭で発することのないよう注意していただきます。例えば、「歯ブラシをしないと、歯医者さんに連れて行きますよ」とか、ご夫婦間の「今日の治療は痛かった」などという会話は意外にお子供様は聞いているものです。それより「歯石を取ってもらって気持ちよかった」とか、「痛みがなくなった」など、プラスイメージの言葉を使うようにしてもらいます。

■ 2つ目の理由は、トレーニングです。
誰でも歯科治療に対し恐怖心があると思います。トレーニングで、その恐怖心を取り除きます。そのために、器具やスタッフ・治療時の音などに慣れさせたり、鏡で口の中を見せたりして、治療を受けるための準備をします。
危険の無い器具には、積極的に触れさせ、エアーをかけたり、エアーでバルーンアート(風船先生と呼ばれています)を作ったりすることもあります。また、お母さんの治療の際に、バキュームの手伝いをしてもらったり、興味を示す物に色々と工夫をしたりして慣れてもらいます。

■ 3つ目の理由は、治療内容です。
「いくら恐怖心を取っても、いくらトレーニングをしても、治療をしたら痛いのでは意味がありません。」 でも、表面麻酔や麻酔で、治療は痛くなくする事ができます。


お子さまの成長は、驚くほどです。

以上のようなことは、付き添いのご両親や、治療を行う我々も非常に根気がいる事ですが、必ず良い結果が得られます。個人の差こそあれ、必ず出来るようになります。

お子様の成長は驚くほどです。ただただ虫歯の治療をするのではなく、その子が一生自分の歯を使うために、今何をすべきかをみんなで考えてあげることが、小児歯科の基本と考えています。

ただ単にお子さんの虫歯を治療するだけではなく、お子さんの健やかな成長を歯科医師の立場から支援し、「ご両親といっしょに、健康で丈夫な美しい歯を育てていき、健やかで、幸福な一生を送れる小さな手助けが出来れば」 と考えています。

おおむね乳幼児期から永久歯が生え揃う学童期(12~13歳)までを対象とし、虫歯の治療や予防処置(予防歯科の項をご覧下さい)、矯正専門医による永久歯の歯並びや咬み合わせの指導・治療を行います。

↑ PAGE TOP